お知らせ

化合物有償手数料の改定について

平成28年 4月 1日から、以下のとおり化合物ライブラリーの提供手数料が改定されます。
化合物ライブラリー単位提供手数料 税別(円)
成果非専有成果専有
標準化合物ライブラリー1プレート21,558---
パイロットライブラリー5プレート47,078116,212
選択化合物ライブラリー化合物数単位計算式のとおり---

選択化合物ライブラリーの提供手数料の計算式

パイロットライブラリーから評価系で選択された化合物とその類似化合物で構成する選択化合物ライブラリーの提供手数料(円)は次の計算式より算出。

((98.5 × N)+13798) × 1.1 (小数点以下は四捨五入)(Nは提供化合物数)

備考

  1. 研究所内部への提供には、上記の手数料を適用する。
  2. 外部への提供について、国内には上記手数料に消費税額を加算する。
  3. 別途、送料、輸送容器代等、発送費用が加算される。

理化学研究所・天然化合物バンクの化合物提供が一部有償化されました。

理化学研究所天然化合物バンク・NPDepoでは、これまで無償で提供していた2種類のスクリーニング用化合物ライブラリー「標準化合物ライブラリー」、「パイロットライブラリー」を10月1日の提供依頼分から有償化しました。

下表のとおり、化合物ライブラリーの評価結果をNPDepoへ報告頂ける場合(成果非占有)と、そうでない場合(成果占有)とで対価や移転契約書(MTA)などが異なります。申し込む際には、成果占有あるいは非占有をお知らせください。「標準化合物ライブラリー」は原則、成果非占有とさせていただきます。

◆対価表

化合物ライブラリー ※1 単位 提供手数料
成果非占有 成果占有
標準化合物ライブラリー 1プレート 12,889 (30,167)※2
パイロットライブラリー 5プレート 36,727 117,973

 

※1 標準化合物ライブラリー: 有用な生物活性を有する80化合物で構成。アッセイ系の評価用。
パイロットライブラリー: 化合物ライブラリーを代表する376化合物で構成。

※2 標準化合物ライブラリーについては成果非占有(情報を提供)を前提とする。

 

創薬基盤強化プロジェクト情報

創薬基盤強化プロジェクトに関する情報がリリースされました。
化合物バンク開発研究グループは、ケミカルバンク基盤として参画しています。

http://www.riken.jp/pharma-program/


創薬シーズを持っている外部研究者に対して、創薬支援のモニター利用の募集が開始されました。

http://www.riken.jp/r-world/info/info/2009/090918/index.html

追加情報